ヴィトックスαに含まれるトンカットアリ・アカガウクルアとは?

トンカットアリ
トンカットアリは日本ではあまりまだ食用としてはなじみはないですよね。
トンカットアリとは東南アジアの熱帯雨林のジャングルの中で生きているガキ科のハーブの一種です。
昔から現地の人に滋養強壮や精力増大の薬として飲まれていました。
飲むと精力増強効果と滋養強壮効果があります。
昔から現地でも精力増強のために使われていました。
しかし貴重な資源だったので、なにか行事ごとがあった時などに、大事に使われていました。日本のお菓子のようにいつでもどこでも食べられているものではありません。
なぜ精力増強効果があるかというとL-アルギニンという成分が入ってるからです。
アルギニンを吸収しやすくするビタミンB6や亜鉛も豊富に入っています。

 

【男性機能の調整機能も】
歳を取ってからの更年期障害で男性ホルモンが若いときより乱れてしまいます。
特に40代からの悩みの種でもありますね。
アンドロポーズというのは筋肉が低下して、精神的にも落ち込みうつ病気味になって性欲も下がってしまうことです。
大人の男性に移の人が多いのはこのアンドロポーズが原因という説もあります。
トンカットアリは男性ホルモンを調整して、更年期障害を軽くする働きがあります。
勃起力も沸いてきます。
【血流の改善】
トンカットアリは血流をよくしてくれるはたらきがあります。
血の流れがよくなると、下半身の血流アップによって勃起力も向上して冷え性の改善にもつながります。
なので、女性でも男性でも冷え性かな・・・っていう人はこの成分が入ったサプリなんかを飲むと改善されたりします。
また、細胞が活性化して腎機能や肝機能の改善にもつながります。

あかがうくるあのはたらき・効果

アカガウクルアは別名ソフォン・ツルハナモツヤワノキとも言われて、インドとタイのメコン川流域に生息するハーブの一種の植物です。

 

大きな木に巻き付いていてツルのようです。寝が大きな塊状になっています。ツルの部分を切ってみると赤い液が出てきます。それが名前の赤ガウクルアの由来です。赤いしゅるが出てくるからアカガウクルアです。
泰では昔からアカガウクルアを精力剤・強壮剤として利用されてきました。昔の人もこれで精力が高まっていることに気づいていたんですね。
実は、白ガウクルアや黒ガウクルア、鼠色ガウクルアもあるんです。
タイでは今でもすりつぶしてはちみつなどで固めて食べられています。

 

【アカガウクルアのはたらき】
DHEAという若さの源泉といわれる性ホルモンの分泌を促すはたらきがあります。
体力増強効果や高ストレス効果などたくさんのはたらきがあり血行促進免疫力や老化防止のこうかもあり、日本でも最近よくさプリで使われています。
疲労回復効果
人疲れを感じるのは体の中のDHEAが減ってきてるのが理由の一つと言われています。
DHEAは若さの源泉と呼ばれている性ホルモンの一種です。体内では約150種類のホルモンが作られています。その中で一番多いのがDHEAです。

 

 

 

このような多くの有効成分が含まれているのがヴィトックスα【増大サプリ】です。